処方箋
性病が原因で喧嘩する夫婦
薬剤師と薬
女性の医師
処方箋 性病が原因で喧嘩する夫婦 薬剤師と薬 女性の医師

女性にとって意外と身近な病気に、膣カンジダというものがあります。
カビの一種によって膣の内部に炎症が起きる病気なのですが、感染に気付かないまま過ごしている女性も多いので油断できません。
また、一度治癒しても免疫力が下がり、ホルモンバランスが乱れると簡単に再発することもあるので厄介です。
発症したらすぐに治療を始めることが大切なので、スムーズに病院を受診するためにもカンジダについて正しい知識を身につけておきましょう。

20%の女性が経験したかも知れない膣カンジダ

カンジダで医師に相談する女性 実は女性の膣内には、普段からカンジダ菌が住み着いています。
本来なら膣内にいる他の常在菌とバランスを取り合って大人しくしているのですが、ホルモンバランスの乱れやストレス、糖尿病に免疫力の低下など様々な原因によって一気に増殖することがあります。
常在菌とのバランスが崩れると膣内の環境が変わってしまい、カンジダ菌の増殖を止めることができません。

この他、パートナーとの性交渉によってもカンジダ菌に感染してしまうことがあります。
強く締め付けたり通気性の悪い下着を使っていたり、お風呂の際に膣内までボディソープで洗ってしまうのも発症の原因です。
簡単な原因で発症するものなので、実は女性のうち約20%が発症した経験があるとも考えられています。
それだけ身近な病気なので、他人事と思わず注意することが大切です。

腟カンジダになると、まず現れる症状は外陰部を中心とした強いかゆみや大量のおりものです。
特にかゆみは患者のほぼ全員が感じると言っても良く、非常に強いかゆみのせいで外陰部を掻きむしってしまう人もいます。
菌の勢いが強くて炎症が重症化すれば、かゆみだけでなく痛みまで感じるようになります。

おりものも特徴的で、普段は半透明のおりものが白っぽいカッテージチーズやヨーグルトのように濁るので分かりやすいです。
ドロッとしたり強い臭いを発したりすることも多いので、普段とおりものの様子が違うことにはすぐに気付けるでしょう。

感染が悪化していくにつれ膣内だけでなく外陰部まで炎症が広がるため、灼熱感を感じる、赤く腫れあがる、浮腫むなどの症状も見られます。
炎症のせいで性交渉の際に痛みを感じることもあり、パートナーとの関係に悩んでしまう人も珍しくありません。

効果的な治療薬フォルカン

パソコンで治療薬を説明する医者 カンジダは女性にとって比較的ポピュラーな病気なので、カンジダを治す薬も数多くあります。カンジダ菌は真菌の一種なので、治療薬には必ず抗真菌薬が用いられます。
これまで主に使われてきたものはカーネステンやゾコン、イタスポールにイミダゾール系抗真菌薬などです。
これらも正しく使用すれば適切な治療効果を与えてくれるのですが、治療薬の中でも特に注目されているのがフォルカンという商品です。

フォルカンは非常に高い効果で知られる抗真菌薬のジェネリック版で、先発医薬品と同じくフルコナゾールを主成分としています。
内服タイプの薬で、毎日1錠ずつ服用すればカンジダを効果的に治療することができます。

カンジダ菌の増殖による炎症を抑えるだけでなく、膣内の粘膜を正常化させる効果もあるので潤いを増やし、かゆみや臭いを抑えることも可能です。
フォルカンの主成分はフルコナゾールという物質で、カンジダ菌の殺菌と増殖を防ぐ効果を持っています。
特に膣内の潤いを高める効果はメリットが多く、症状の改善だけでなく性交痛の緩和にも役立つので重宝します。

症状が軽い場合は約3日から5日、重症化している場合は2週間から1ヶ月ほど服用し、完全に症状が治まるまで続けてください。
腎臓や肝臓、心臓に持病のある人は服用できませんが、それ以外なら危険な副作用もなく安全に使うことができます。
発症頻度は低いですが、頭痛や吐き気などの副作用が見られた場合は服用を中止しましょう。

ちなみに、イミダゾール系の抗真菌薬の中には国内で承認されているものもありますが、フォルカンはカーネステンやゾコンなどと同じく、まだ日本では承認されていません。
イタスポールも同じですが、薬局や病院では入手できないので注意しましょう。

再発を繰り返したら日常生活改善を

カンジダは常に皮膚に住んでいる常在菌なので、一度症状が治まってもいつ再発するか分かりません。
膣内の環境が悪化すれば再発する可能性が高いので、日ごろから注意しておく必要があります。
再発を繰り返す人は日常生活で無意識のうちにカンジダ菌を増殖させるような生活をしているケースが多いので、どんな点に注意すれば良いか覚えておきましょう。

まず、カンジダ菌はカビの仲間なので、高温多湿の環境を好みます。
女性の膣内はまさに理想的な住処なので、普段から不衛生にならないように気を配っておかなければなりません。
通気性の良い綿素材の下着で蒸れを防いだり、ストッキングやジーンズで締め付けたりしないようにしましょう。
入浴後はドライヤーなどでしっかり乾かしてから下着を着け、おりものなどで下着が湿った場合はこまめに取り換えます。

また、排便した時の拭き方にも注意が必要です。
後ろから前に拭くと便の中にいるカンジダ菌が膣に入ってしまうため、必ず前から後ろへ拭くようにしましょう。
ビデやタンポンの使用も、膣内の善玉菌まで洗い流してしまい治療薬の効果を薄める可能性が高いので控えてください。

さらに、生活習慣を規則正しく整えることも重要です。
カンジダが再発するということは免疫力が乱れているということなので、毎日規則正しい生活を心がけて免疫力を高めることが欠かせません。
食事をしっかり摂って栄養をつけ、たっぷり眠って身体を休めましょう。

このように生活を改善しても再発してしまう場合は、フェミニーナなどドラッグストアで購入できるカンジダ治療薬を試してみてください。
フェミニーナは病院へ行かなくても入手できるので、急いでいる場合や時間がない人でも手軽に利用できます。

新型カンジダ症は何が違う?

常在菌のイメージ これまでカンジダと言えば比較的ポピュラーな病気として知られていましたが、近年アメリカでは新型カンジダ症の存在が問題視されています。
新型はカンジダオーリスというカビ菌が病原体になっており、膣の炎症だけでなく命をも失いかねない重い症状を引き起こす危険性もあります。

新型カンジダの病原体は多剤耐性を持つことが多いので、非常に危険です。
アメリカ以外にも世界中の様々な国から発症報告が寄せられていますが、実は世界で最初に新型が見つかったのは日本でした。
耳の浸出液で受診した患者から発見され、新型病原体として注目を集めました。

免疫力が著しく低下している人が感染すると重篤な症状に陥るリスクがあり、一般的な人ならそこまで危険はありません。
この病原体の厄介なところは、一般的な治療で用いられる抗真菌薬が効かないということです。
しかも病原体を特定するためには特殊な検査が必要となり、一般的な医療機関では診断が難しいです。
このため感染していても発見が遅れ、重篤な状態になってしまうため問題視されていました。

感染力も非常に強く、アメリカでは患者が入院していた病院のテーブルや椅子などからも病原体が検出されています。
環境感染や人と人の接触だけでも感染が広がる可能性もあり、非常にリスクが高いです。
このため感染の報告が急増しており、特に高齢者では注意が必要とされています。

致死性の高い病原体なので非常に怖いのですが、今のところ使用しうる全ての抗真菌薬に耐性を示すタイプは発見されていません。
いずれかの抗真菌薬で治癒させることができるので過剰に心配する必要はありませんが、持病のある人や病院に入院している人などは注意が必要です。