カンジダの治療は軟膏だけで十分か?

軟膏 カンジダの治療では、主に見える場所であれば抗真菌薬の軟膏でも十分に効果を得ることができますが、見えないような場所で発生した場合には軟膏を塗るのにも不向きですし、また十分に塗ることができませんから十分とはいえません。
特に女性に膣で起こる膣カンジダは、軟膏を塗って治すというのは難しく、このため膣錠や膣坐剤といったものが使われます。
これらは膣内に挿入することでゆっくりと成分が溶け出すことで効果的にカンジダ菌を殺菌してくれます。
一方で男性器のペニスの場合には軟膏が塗りやすいので塗り薬では軟膏が使われます。

またカンジダは普遍的に存在する真菌ですので、自然治癒も可能です。
この場合には症状が出ないようにするというもので身体の免疫力を上げることによってカンジダの活動を抑えるというものです。
自然治癒とは行っても実際にはカンジダ菌をすべて排除できるわけではありませんから再発するリスクがあります。
このため根本的にカンジダを治したい場合には治療薬を使うことが大切です。
特に女性の膣カンジダは膣錠や膣坐剤の治療薬を使わなければ、根本的な治療を行うことは困難です。

膣カンジダに効果のある市販薬としてはエンペシドやオキナゾール、バリナスチン、カーネステンがあります。
これらの市販薬の位置づけとしては、膣カンジダの再発治療薬というものであり、過去に発症して治療を受けた人が対象です。
このため市販薬ですが第1類医薬品に分類されており薬剤師のいる薬局やドラッグストアなどで簡単な問診を受けた上で販売されます。
基本的には形式的なものですから、薬剤師のいるお店であれば簡単に購入できインターネットの薬局やドラッグストアの通販サイトでも購入ができます。
それぞれの製品には軟膏と膣錠のものが販売されているので、軽度な場合には軟膏を使って治療することが可能ですが、やや症状が重い場合には膣錠など錠剤のものを使うことで治療を行うことができます。

膣炎は市販薬エンペシドクリームで対応可能か?

市販で販売されている「エンペシド」「カーネステン」「バリナスチン」「オキナゾール」は抗真菌薬として薬局などで購入が可能ですが、軟膏タイプのものは膣カンジダに対してはあまり効果的な治療薬ではありません。

いずれの薬の成分も真菌に入り込むと真菌細胞が必要とする成分の生成を阻害したり、または代謝しなければならないものを阻害することで細胞の活動ができなくし死滅させることによって殺菌するという作用になります。
このさいに真菌細胞にしか作用しないということで、このため人体に与える影響は少なく副作用が少ないというメリットがあります。
また低刺激ですので塗布する場所を選ばずデリケートゾーンでも使うことができるためカンジダ菌以外の身体に害を与える真菌性の皮膚病に主に軟膏は治療に使われます。

一方で膣に対しては軟膏で対応できない理由としては軟膏は皮膚での使用を前提としているものです。
膣は皮膚に比べると粘膜層が薄いため軟膏を塗布するのは成分が強すぎます。
また何度も塗らなければならずその作業を行うこと自体が不便です。このため膣内の炎症の治療に関しては膣錠などが使われます。
膣錠を使うメリットとしては治療に行う作業が1回挿入するだけでよく、あとはゆっくりと溶け出して抗真菌成分が働き真菌を滅菌します。
治療の基本は6日間毎日使用するというものですが、3日経過しても症状が改善しない場合や6日間使用しても症状が消失しない場合には別の問題が起こっている場合があります。

市販薬にしても治療にしても真菌性の病気は完全に滅菌させるためには症状が消えても使用し続けることが重要で、定められた分量をしっかり使うことでカンジダの再発を防ぐことができます。